スロバキアの医学部情報をどこよりも詳しく、発信中。

入学式がない⁉︎海外医学部ではまさかの初日から解剖の授業??

 

「入学式」

それは、卒業式と並ぶ Big Eventです。

 

入学式の日に正装で、門の前に立って、学校の看板とともに写真に写ることが日常化しています。

 

では、東ヨーロッパの医学部では、入学式がどうなってるのか徹底解剖しちゃいます。

とは言ってみるものの、スロバキアの自分の大学のことしか知らんぞえ

 

入学式がない??

私は日本生まれ日本育ちですので、入学式があるのは当たり前です。

 

では、海外の入学式ってどうなっているんだろうと思い、「入学式 海外」で検索すると、

 

まさかの ない の2文字が。

 

 

 

えーーーーーーーっ。

 

入学式に慣れ親しんだ私にとっては、衝撃的なことです。

入学式は、日本ではビッグイベントですからね。

 

 

しかし、これは海外の医学部について書かれたものではありませんでしたので、

真相はまだ分からないのです。

 

本当は入学式あるかもしれないし。。。

 

ということで、現地についてから大学の授業が始まるまでずっと待っていたわけです。

 

本当に入学式がない?登校初日は、まさかの授業??

なんの前触れもなく、まさかの授業開始。

 

マジかーーーーーーーーっ。

 

 

しかも、一番最初の科目はAnatomy

いきなり、Anatomy(解剖学) の lecture でした。。。

 

clavicle, scapula, ・・・・・・

 

 

ん、ん、ん・・・・・?????????

 

えっ、いきなり骨?

学校が始まった1日目ですけど・・・。 バカなのか、いきなり解剖の授業とか(心の声)

 

結局、AnatomyのLectureが3時間行われ、Upper limb(上腕)の骨の解説が全て終わり、授業スライドは100枚を超えるという始末。

 

 

クレイジーーー

 

 

と叫びたかったですね。いや、おかしいでしょ。海外医学部に来ている自分も結構、頭おかしいけどね

 

内容は多いし、突然授業始まるし。。。まじ、何やねん

 

 

学校初日からガッツリ授業。突然のAnatomyで英語で聞き取るのに必死な私。

 

マジで疲れました。英語3時間のListening(リスニング)は、かなりハードですね。
頭が「疲れた」と嘆いていましたもん。

 

 

んーっ、恐ろしい。っていうか、入学式ないのかい⁉︎

 

結局のところ、医学部の入学式はないのか?

答えは、Noです。

ちゃんとあるんですよ、入学式。

 

いつだと思います?

 

正解は、11月。入学するのは9月ですから、なんと、なんと2ヶ月後。

もっと早くやれよな

 

 

11月はSemester(学期)の後半。

「いや、もうその時なら要らないんじゃないの??」と思いますが、どうなんでしょうか?

 

 

入学式に出席したら、そのことを記事で触れますのでもう少々お待ちを。

 

後日談:

入学式が終わりましたー。

正装で出席するようにと書いてあったので、みなさん正装でやって来ました。

タキシードの人、スーツにネクタイの人、蝶ネクタイの人、ドレスの人。。。

 

「みんなめっちゃ輝いてるー〜〜」って思っておりました。
偏見ですが、こういう時の外国人のカッコ良さ/美しさは半端ないっ!!

⬇️⬇︎こんな感じです(現場写真w)

ここで、Dean(校長)が式辞を述べた後、「ちゃんと勉強します」的なことを一年生全員で誓って終わりです。

個人的には校歌歌いたかったなー。校歌なんてあるんかなー。

 

はい、以上。

 

 

 

 

 

最後に

海外の大学に関する情報で、ネットに出回るものは真偽が定かではないものが多くあります。

スロバキアのことなんて話題にもならない、ネットにも出回らない・・・悲しい・・・いや、マジなんなの(逆ギレ)

 

例えば、東ヨーロッパの受験の際、正装で受験は受けるものという情報があったのですが、実際は正装できている人なんて誰もいませんでした。

そんなものですよね。特定の情報を信じすぎるのは、よくないということですね。

 

ともまぁ、無事に終わった入学式でした。中学や高校と違って、めっちゃつまんねーおじさんの話などを聞く必要がなかったのは幸いでした。30分ぐらいで終わりましたからね。

 

日本の大学の入学式ってどーなんでしょうね?

 

👇ブログのランキングに参加しています。ボタン押してくれると嬉しいです。
  にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ